江戸東京人セミナー
江戸東京人セミナー2.0企画内容
江戸東京人セミナーの聴き方
江戸東京人セミナーの内容紹介
SideB 江戸東京人セミナーの内容紹介
バックナンバー
レポート応募フォーム
お問い合わせ
プライバシーポリシー
江戸東京人セミナー2.0 >> キーワードから聴く『地食(ちしょく)』

再生時間 0:34:28
2015年11月末配信号

今回の江戸東京人セミナーでは「節目の年を迎えた独特な伝統に触れる」という10年目の年間テーマを前提として当番組キーワードの中でも好評の「地食」江戸の食文化をテーマに、この時期にお話して頂くのにふさわしい方をお招き致しました。その方は東京の郷土料理でもある桜鍋の伝統の味を 守り続けている桜なべ中江の4代目当主・中江白志さんです。この桜なべ中江は浅草エリアの吉原で創業して今年110周年を迎えた桜肉専門店で、数多くの食通の文化人に愛されてきた老舗です。 今回番組では桜鍋に馴染みのない若いリスナーの皆様にも特徴が伝わるような構成でお届け致します。 更にコラーゲン豊富で美肌効果にも期待できる桜肉の魅力についても中江さんからお聞きしたいと思います。また番組前半では当番組キーワード「知商」老舗の知識をテーマに有形文化財の店舗の話など、桜なべ中江の歴史について伺っていきます。



再生時間 0:51:23
2014年11月末配信号

今回の江戸東京人セミナーは、「江戸東京を象徴する日本橋文化を学ぶ」という9年目の年間テーマで配信するのにふさわしい方をお招きいたしました。その方は日本の食文化に欠かすことのできない鰹節業界を江戸時代からリードしてきた日本橋室町の、にんべん13代目当主、津克幸さんです。この、にんべんは今年2014年に記念すべき創業315周年を 迎えました。また、「和食、日本人の伝統的な食文化」が、2013年にユネスコの無形文化遺産に 登録されたこともあり海外からも日本人の健康的な食生活が注目されています。 今回番組では日本食の旨味の要とも言える鰹節について、老舗専門店の経営者である津さんから 当番組らしく幅広い視点でお話を伺っていきたいと思います。



再生時間 1:03:35
2012年7月末配信号

今回は、世界一高い自立式電波塔で、江戸東京の新名所・東京スカイツリーが開業した歴史的な年にふさわしい老舗ご主人を講師にお招きいたしました。
その方は戦後の復興のシンボルとして下町で愛されたトーキョーサイダーを復活させて、東京ソラマチに新たな発想で、カフェを出店された、東京スカイツリーの地元・墨田区に本社を構える丸源飲料工業4代目社長 阿部貴明さんです。また、阿部さんは、墨田区観光協会の理事長として産業観光プラザ「すみだ まち処」の管理運営もされているので、そのお話も「地遊」地域を遊ぶという番組キーワードでお伺いしたいと思います。まず最初は、「知商」老舗の知識をテーマに、丸源飲料工業の歴史などからお聞きしていきたいと思います。



再生時間 0:46:55
2011年7月末配信号

6年目の江戸東京人セミナーは2.0は、江戸東京の伝統文化から日本を元気にするために老舗有名店の中で最も若いと言えるご主人で、江戸総鎮守 神田明神の氏子地区・神田須田町にある東京で唯一のあんこう料理専門店、いせ源の7代目当主、立川博之さんに講師をお願い致しました。いせ源では、青森県産のあんこうも調理しているということで、江戸東京の伝統の味と東北の食材とのつながりについても「地食」江戸の食文化という、当番組のキーワードでの中でお話していただきたいと思います。まず最初は、番組のキーワード「知商」老舗の知識をテーマに、あんこう料理専門店いせ源の歴史などからお話していただきます。



再生時間 33:54
2010年12月末配信号
img/seminar/semina_title20.gif
この今回のキーワードにふさわしい老舗ご主人は、江戸東京の情緒を大切にする方々が、春をお届けする気持ちから新年のご挨拶に利用されているという江戸における桜もちの元祖、向島の長命寺桜もちの11代目当主、山本幸生さんです。



再生時間 34:11
2010年9月末配信号
img/seminar/semina_title019.gif
前回同様、今回も元祖にこだわり、この季節、実りの秋を象徴する栗を活かした和菓子について、番組のキーワード「地食」江戸の食文化を中心にお届けしたいと思います。
この今回のテーマにふさわしい老舗ご主人は、「栗むし羊かん」の元祖と言われている、浅草雷門前に本店を構える龍昇亭西むら5代目当主 西村淳さんです。



再生時間 33:41
2010年7月末配信号
img/seminar/semina_title018.gif
今回、18回目の江戸東京人セミナーは、記念すべき5年目に入って最初の番組ということで、老舗有名店の中でも、伝統とこだわりを守りながら新しいことへも積極的に取り組んでいる、勢いのある、若い経営者の方を講師にお招きすることにしました。
そして、この番組らしく「地食」江戸の食文化という好評の番組キーワードを中心にブームが続く和菓子についてお送りしたいと思います。
この今回のテーマにふさわしい老舗ご主人は、亀戸天神前に本店を構える江戸固有の和菓子、元祖「くず餅」が名物の船橋屋8代目当主渡辺雅司さんです。



再生時間 36:12
2010年4月末配信号
img/seminar/semina_title017.gif
この1年間は番組キーワード「地食」江戸の食文化を中心に、浅草を代表する老舗ご主人にお話をお伺いしてきましたので、締めくくりの今回は江戸の食文化を語る時に欠かせない、天麩羅についてお送り致します。
そしてこのテーマにふさわしい講師の方は、浅草にある江戸前天麩羅の老舗、中清の6代目ご主人、中川敬規さんです。
また、毎年この季節は祭り特集号として配信していますので、今回もひと工夫してお届け致します。



再生時間 47:13
2009年12月末配信号
img/seminar/semina_title012.gif
今回は、新春号として配信します。この季節、日本の冬の食文化を楽しむ食通の方々に「魚の王」 と言われている食材があります。 それは「ふぐ」です。
そんな「ふぐ」は、福を招くことにつながることから、濁らずに 「ふく」とも呼ばれています。この、縁起の良い料理について、江戸東京人セミナーらしくディープにお届けするのに 最もふさわしい講師の方をお招きしました。



再生時間 28:10
2009年9月末配信号
img/seminar/semina_title012.gif
今回、講師をしてくださるのは、日本で最初のバー、浅草の神谷バー5代目ご主人、神谷直彌さんです。
まず最初に、この番組のキーワードである、「知商」老舗の知識をテーマに、神谷バーの歴史などからお話していただきたいと思います。



再生時間 59:36
2009年7月末配信号
img/seminar/semina_title012.gif
今回、14回目の江戸東京人セミナーは、3年間の中で最もリスナーの皆様に好評だった「地食」江戸の食文化という番組のキーワードをメインの企画として、江戸を代表する食材でこの季節、夏の季語でもある「お寿司」についてお送りします。



再生時間 40:30
2009年4月末配信号
img/seminar/semina_title012.gif
今回は3年目の締めくくりとして、この番組ならではの視点で、祭り特集号をお送りします。 ということで、江戸東京を代表するお祭り、三社祭の華として、地元の方に親しまれている浅草の芸者衆による「くみ踊り」の話や、その芸者衆たちが、接客している花柳界や料亭について、若いリスナーの皆様にもわかりやすくお伝えしたいと思います。



再生時間 46:37
2008年12月末配信号
img/seminar/semina_title012.gif
今回は新春号としてお送りします。
講師をお願いするのは、やはり、江戸総鎮守、神田明神の氏子地区のご主人です。そして配信の時期である年末に欠かせない、日本の伝統的な食文化についてもお話しして頂きたいということもあり、あまりにも有名な「かんだ やぶそば」の4代目ご主人、堀田康彦さんをお招き致しました。



再生時間 42:47
2008年9月末配信号
img/seminar/semina_title011.gif
今回は文化の秋に配信ということで、江戸東京エリアの中でも最も江戸文化の香り漂う、江戸総鎮守神田明神の氏子地区でもある日本橋室町から山本海苔店の副社長、山本泰人さんを講師にお招きしました。



再生時間 46:37
2008年7月末配信号
img/seminar/semina_title010.gif
いよいよ3年目に入りました。そして、通算10回目になる今回は、夏の情緒を感じて頂きながら、少しでも涼しさをお届けして元気にこの猛暑を乗り越えて頂けたらという思いでお届け致します。という事で、夏の季語でもある「うなぎ」を特集。江戸総鎮守 神田明神下に店を構える、創業文化二年、1805年から200年以上の歴史をもつ、鰻料理の老舗、明神下 神田川本店の十一代目ご主人、神田茂さんと江戸東京エリアの中心、神田明神の 権禰宜 鳥居繁さんをお迎えしてお送り致します。

【講座の概要】
江戸市民と鰻/明神下お勧めスポット/新和楽『涼風を感じて』/東京の8月のイベント



再生時間 1:00:18
2008年4月末配信号
img/seminar/semina_title009.gif
第9回は、江戸を代表する祭の季節が近いということで『祭り特集号』としてお送り致します。第2クールの最後を飾るエリアは、浅草の中でも個性的な伝統持つ、駒形。200年以上も江戸庶民のスタミナ食として親しまれる駒形どぜう 六代目当主 越後屋助七さんとお祭りには欠かせない提灯専門店 大嶋屋恩田 五代目当主 恩田舜史さんをお招きし、お祭りにちなんだお話を伺いました。

【講座の概要】
どぜうの由来と江戸文化道場/提灯の基礎知識/新和楽『祭色の宴』 演奏:浅野久江(特別出演:男性和楽器ユニット・秀々)/活気溢れるお祭り日程/学位マスターについてと次回予告



再生時間 40:24
2007年12月末配信号
img/seminar/semina_title008.gif
第8回は、新春号と題し、外神田を特集。1846年創業、161年にもなる甘酒の老舗神田明神鳥居脇「天野屋」のご主人 6代目店主 天野博光さんをお迎えして、お店の誕生秘話や甘酒の話を。江戸東京で最も古い神社のひとつ、神田明神の禰宜 清水祥彦さんには、神社での衣装と巫女さん入門講座についてお話頂きました。

【講座の概要】
甘酒/初詣での所作/巫女さん入門講座/新和楽『花色新年』 演奏:浅野久江(特別出演:山沖祐子)/江戸文化発祥の地巡り



再生時間 42:15
2007年9月末配信号
img/seminar/semina_title007.gif
第7回は、根岸。創業310年の超老舗。豆富料理専門店「笹乃雪」のご主人 10代目当主 奥村多市郎さんには、奥深い豆腐の話を。根岸で生まれ育ったセンスが光るアレンジ花でも有名は「花ふじ」の小幡昌広さんには、根岸の町の裏話を語って頂きました。今すぐ根岸に行きたくなる、そんなお話です。

【講座の概要】
豆富料理/根岸散策と寺院/新和楽『琥珀色の星』 演奏:リブランローズ/歴史の街・根岸の文化的施設紹介



再生時間 45:22
2007年7月末配信号
img/seminar/semina_title006.gif
遂に第2クール。今回は浅草橋。まもなく創業300年を迎える人形の老舗「株式会社 吉徳」ご主人 十一世・山田徳兵衛さんと江戸の昔から好まれている佃煮の老舗「鮒佐」の五代目ご主人 大野真敬さんをお迎えしています。

【講座の概要】
日本人形/佃煮/新和楽『朱色の風』 演奏:リブランローズ/江戸時代より続く船宿情報



再生時間 35:36
2006年9月末配信号
img/seminar/semina_title003.gif
第3回目の講師は両国で天和2年(1682年)の創業以来守り続けた軍鶏鍋が味わえるぼうず志ゃも八代目女将 三浦悦子さんにお話を伺います。

【講座の概要】
江戸の食文化/相撲写真資料館/新和楽『秋色隅田川』/ミュージアム・博物館情報



再生時間 29:57
2006年7月末配信号
img/seminar/semina_title002.gif
第2回目の講師は創業天保5年(1834年)日本橋の千疋屋総本店六代目ご主人大島博さんに昨今のヘルシーブームや女性がフルーツで健康になること等に焦点をあてお話して頂きました。

【講座の概要】
フルーツと健康/浴衣の基礎知識/新和楽『夏は花火』/花火情報